現在所属する企業では、原則リモートワークという勤務体系が取られている。COVID-19前は一部の職位を除いて、全従業員がオフィスに出社して、事業を行っていた。

以前より、リモートワークという前提で事業を行う場合、何が優位性があることなのかをそれなりに考えて日々の仕組みを作らないと、競合に勝てないだろうなと思っていて、今、旅行中で時間があるので文字におこした。

よくある活動として、たとえばミーティングはどうだろうか?対面のミーティングとオンラインのミーティング、どちらが効率がいいだろう?ここでいうミーティングとは相互コミュニケーションが行われるいわゆる会議を意味します。その場合、両方を経験したいま、移動のコストなどを無視するならば、圧倒的に対面の方がコミュニーケーションの効率はいいと思う。会話の間が取りやすいのもあるし、視覚情報も増えると言った情報量の違いは明らかに対面の方が多いと思う。

このことから、ミーティングにおいては集ってやった方が効率はいいだろうと僕は思う。ゆえにリモートワークを前提に事業をやるならミーティングなどの同期行動が優位性となる活動は効率を落としがちな活動であり、なるべくなら避けたいと思う。

一方で、リモートワークにおいては多くの場合、Slackなどのテキストコミュニケーションがメインに使われることがあり、こういったテキストにこそ、リモートワークの活路があると考えている。なぜならばテキストは伝播の範囲が広く、情報量はさておき、動画や音声よりも速く処理することができるし、検索性、再利用性も高く、非同期にコミュニケーションが取りやすいので、並列な仕事に向いていると思う。

もし、リモートワークになってからも、以前と同じように工夫せずミーティングばかりやっているならば、それはオフィスに回帰したライバルよりも効率の落としたコミュニケーションをやっている可能性があると僕は考えている。

今回はよくありがちなミーティングを例にあげたが、他にもたくさん、暗黙的に効率を落としている行動はあると思うので、そこをしっかり優位性のあることと置き換えていかないといかんよなぁと思った。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。