pyama.fun

Our life is our art.

今年買ってよかったものを振り返る

この記事はGMOペパボ Advent Calendar 2018 の24日目の記事です。この記事の予稿は下記のとおりです。

ちなみにこの記事は12/23に書き始めて、同僚のやまちゃんがStripe Sources APIにおける決済の抽象化 を書いているのを見て、真面目か!!!って突っ込みながら書き始めました。

さて、みなさまにとって今年はどんな年だったでしょうか?僕にとっては公私ともども色々なことがあり、楽しいこと辛いこと両方あった年だったなと思いました。エンジニアとしてはこれまで取り組めなかったレイヤーに踏み込んでいけたことや、より抽象化された課題解決に取り組むことも増えてきたので、その点においては良かったなと思いつつ、gVisorやfireclackerが出てきたタイミングで悔しさみたいなものが感じられなかったのは自分の中でなんか一線引いててダサいなって感じたりもして、来年はそのあたりも触りつつ、rustで何かしら一本書いて、論文発表まで行きたいなと思っています。

さて、前置きも長くなりましたが、今日は今年一年を通して購入したものでライフチェンジングであったものを紹介して行きたいと思います。振り返ると月次なものですが、生産性の向上には欠かせないものばかりなので、ぜひ金銭に余裕があれば試してみてください。

全自動ドラム式洗濯機

何をいまさら感があるかもしれませんが、洗濯物を干すという習慣がなくなるということがこんなに素晴らしいのかと思わせてくれました。これまでも縦型の乾燥機付きの洗濯機を使っていたのですが乾きがいまいちだったりして満足できていなかったのですが、ドラム式に変えてからはそんな事もなくなり、毎日が快適です。また僕は出張が多いので、帰ってきて、とりあえず洗濯機回しておけば朝には乾いており、出張が重なると下着がなくなるということがなくなったので最高でした。

最近はだいぶ価格も下がってきて10万弱くらいで買えるので、買い替えの機会があれば検討してみてください。

ロボット掃除機

僕が使っているのは16000円くらいの廉価版の製品なのですが、これを買ってからほとんど家の掃除をすることがなくなりました。タイマーで自動起動で動いてくれるので、家が汚れるということがなくなり、週1~2回掃除機をかけていた時間がまるっとなくなり、これまた最高体験を教えてくれた製品です。

それなりにちゃんとしたスピーカー

別に僕はそんなに音楽がめちゃくちゃ好きとかないのですけど、今年なんとなくパワーアンプとスピーカーを2本買い揃えました。普段遣いで鳴らすことは殆どないのですが、家でよる一人になったときに、部屋の電気をある程度暗くして、鳴らすとなんとも言えない良さがある、そんなことを教えてくれました。

こればっかりはほんとに体験しないと、わからない世界だと思うのでもし興味があれば家で新年会しましょう。

雑に3つくらい紹介して、まあ今年はこんなものでいいかと思い始めました。あとはそうですね、最後に今年行って最高だったお店を2つ紹介して終わりにします。

魚房三徳

安くて、美味い、美味いのレベルが、安くて美味いの一個先をいっている感じのお店です。安すぎるくらいかも?祇園に行くことがあればぜひ足を運んでもらいたいです。

すし、太郎。 

最近あった人にはすごくおすすめしているのですが、今年No.1です。というのも、これはかなりバイアスがある話で、予約が取れていた日に、僕が障害対応が必要になり、予約の時間にいけなくなってしまったのですが、1時間位時間をずらしてくださって、その日僕らが最後の客なのに待っていてくれて、貸し切りの中で対応いただき、そしてそれが最高にうまくて、直近の仕事のことが頭から消え、アドレナリンが塞がる、そんな体験をさせてくれました。客単価も酒を飲まなければ1万円、酒飲んで1.5万くらいなので、ぜひいってみてほしいです。

こう書き下ろしてみると今年もとても素敵なことがたくさんありました。来年はもっと楽しく、そしてエンジニアとしてもっと世界に寄っていけるそんな年にしたい。みなさま残り少ないですが、Have a Great NewYear!!!1

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 pyama.fun

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。