pyama.fun

Our life is our art.

小さい目標に向けてハードワークする

僕のエンジニアとしての強みの一つはいつ寝てるかわからないくらいハードワークできることなんだけど、昨年末くらいから自分でもどうやったらそうなれるのかわからなくなっていた。

一方で超短期的には火がつくからなんかスイッチあるんだろうなと思って、旅行してみたり、プレステ4買ってみたりしたんだけど、どれも短期的な効果しかなかった。別にハードワークしなくてもそれなりに結果は出るからあれなんだけど、ずっとモヤモヤしていた。

それがさっきジムで5×5でベンチプレスしてる時にこれかもなってのがあったからまとめてみる。

僕は超長期的には何かしらで世界一になりたいって言うのと、短期的には社のクラウドネイティブ推進をグローバルな基準でイケてる感じにするっていう目標を掲げていて、語学の方はコツコツやるだけで結果が出るから良いものの、エンジニアリングの方は何やればいいってわかってはいるけど、普通に進めてるだけで進むから普通に進んでた。

結構そこに課題があったなって思っていて、目標でかすぎてペース管理とか出来てないのと、ちゃんと自分に期待できてなかったなって思った。

大きいことを掲げながらも適切に区切って、区切るごとに自分に期待かけないと僕はハードワークできないなと思ったよ。

これがなんとなく筋トレしてた時と同じ感じで、すべてはベンチプレスに通じるんだなって思った。

いつまでに何をする、そこに向かってハードワークして、一つ一つの区切りで他を圧倒していかないとだらだら時間だけがすぎてしまって何者にもなれない。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 pyama.fun

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。