pyama.fun

Our life is our art.

GWの宿のキャンセル待ちのCRONテクニック

GWは伊王島と嬉野温泉に行く予定なのだけど、伊王島のホテルを間違ってキッズルームにしてしまっていた。

途中で気づいたから取り直すかと思ったけど満室だったから空きが出たら気づけるようにしたくて、こんな仕組みをcronで回していた。

curl -s https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/18933?f_teikei=&f_hizuke=&f_hak=&f_dai=japan&f_chu=nagasaki&f_shou=nagasaki&f_sai=&f_tel=&f_target_flg=&f_tscm_flg=&f_p_no=&f_custom_code=&f_search_type=&f_camp_id=&f_static=1&f_rm_equip=&f_hi1=1&f_tuki1=5&f_nen1=2019&f_hi2=2&f_tuki2=5&f_nen2=2019&f_heya_su=1&f_otona_su=2&f_kin2=0&f_kin=&f_s1=0&f_s2=0&f_y1=0&f_y2=0&f_y3=0&f_y4=0 | grep "誠に" || mail -s "宿あいたっぽい" -r from@example.com to@example.com

これは楽天トラベルの例なのだけど、楽天トラベルの検索結果ページをgrepかけて、結果が偽ならメールを投げるというもの。

楽天トラベルでは空きがないときは下記の表示がされる。

誠に申し訳ございませんが、この検索条件に該当する空室が見つかりませんでした。
条件を変えてお探しください。

これを利用して、誠に が表示されていなければ、空きがあるということなので、その際はメールを投げるという処理を書いておくだけで、空き部屋が出た瞬間に気づくことができる。

cron回す場所さえあれば、シュッとあれできるので便利テクニック。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2019 pyama.fun

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。