昨日も書いたけど @matsumotory の日程が合わず、@fujisaki_hb さんに僕を紹介してくれて、今回のJulyTechFestaで基調講演を任せていただけることになった。

基調講演=すごい!!!かっこいい!!やってみたい!!!という雰囲気だけで速承諾したのだが、テーマが「Share! Your Engineering Culture!」ということでトークの内容は相当悩んだし、最後の最後まで色々考えた。

というのも今のペパボのエンジニア文化を積み上げてきたのは僕ではなく、 @gosukenator に始まり、@kentaro や @hsbt が積み上げてきたもので、僕はその半分程度をフォロワーとして乗っかってきただけだったこともあり、僕にこのテーマで人々になにか影響を与えるような話が本当にできるだろうか思ったのが一つ。

また僕にはbuilderscon Tokyo 2017で自分の不甲斐なさからメインホールを全く埋められなかった という苦い思い出があり、本当に自分が朝、動員できるのかという不安もあった。

引き受けたからにはベストを尽くそうと思って、準備自体は1ヶ月近くかけて進めて、収束できたのは直前だったけど、前日も酒を飲まずに早めに寝てベストを尽くせるようにした。

当日も30分くらい余裕持って会場入りして、事前の接続テストが不安だったのだがなんとか繋がり(本番で一回切れたときはあれだったけど)、開演を待った。

直前まで本当に動員が不安だったけど、10時には会場もだいぶ埋まって、話し終わったときには話し始めたときよりだいぶ人も入っていたと思う。

トーク中は喉に痰が絡んだりした以外は、普段より周りがはっきり見えたし、落ち着いてたんじゃないかな。このへんは事前の準備が全てなんだなって思ったことでもある。

またトーク後にいろいろな方から「すごく良かったです」といってもらえて本当によかった。

来年もまた多くの人と会えるようにやっていかねばな。

最後に、運営の皆様本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。