殺し屋シリーズの3作目かな?

もともと僕は子供の頃小説とかそんなに読まなかったのだけど、宮路くんの下宿に宮路くんが図書館から借りてきた本がたくさんあったので、それ以来高校の暇な授業の時に黙々と読むようになった。

中でも金城一紀のゾンビシリーズも好きで、全作読んでいる。

それと同じように伊坂幸太郎は殺し屋シリーズというのがあって、それぞれの物語が緩く繋がってる。

何も小難しい話がなく、没入して読めるのでこういう時間意図して作らないとなって思うから大事にしている。

本の内容はこれまで通り、若干コミカルながらも引きつける感じで面白かった。

次回作も楽しみ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。