このツイート見て思ったのだが、エンジニアでもとても大事な話で、何か作業するときに、例え初回に手間が増えたとしても、もし初回に作った仕組みや道具が繰り返し使えるならば、それは仕組みやら道具を作ったほうがいい。

仕組み道具を作るコスト < 仕組み道具による一回あたりのコスト削減 × 利用回数

仕組み、道具は繰り返し使えるから、その総ベネフィット?がいかにコストを上回れるか。また仕組み、道具を作るコストをいかに下げうるかはエンジニアとしての能力と言えそう。

そのコストを下げるにはゴールに必要なこと以外はやらないとか、選択肢を日々増やしておくとか色々あるんだろうけど、日々研鑽だなぁと思うなどした。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。