今所属している会社は僕の場合は1年単位での評価で12月が締めで1月からまた新しい評価期間が始まる。

僕にとって、だいたい例年、年の始まりは今年は何をしようかなぁ、どういう面白いことをしようかなぁといろいろ考える時期だ。その時期は手を動かすより、考える時間が多くなるのである程度、仕事と距離をおいて考え事していることが多いのだが、今年は割と年始から小さいトラブルが続いているのでそれをやっつけていたりする。

こういうときにふと我に帰ることがあって、僕が相手にしているプロセス、ソフトウェア、ハードウェアは人が作ったものであり、人が使っているので、ほっておくと何かしらのトラブルは起きる。それが起きるとそれは対処しなければならないのだが、それをやっているときは本当に思考が停止していて、ただただ作業としてこなしている。

これももちろん仕事なのだが、全く創造的ではないし、そういうことの根本をやっつけるのも、もはや何をすればいいかは悩まなくてもわかるので本当に作業だ。さっさとこういうことをやめてしっかり考えないとなぁ。

こういう仕事なんだけど、それは本来の仕事ではないということは往々にしてあるので、ちゃんと自覚して律していかないとどんどん楽な作業ばっかやっちゃって、どんどん埋もれて貧しくなってしまう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。