pyama.fun

Our life is our art.

帰ってきて3時間昼寝してしまった僕が今思うこと

昼寝するときは目覚ましをかける こと、そういうことです。ひとまず心を落ち着けるために大好きな曲を聞いて落ち着きましょう。

Mr.children 1999年 夏 沖縄

さて、今朝は朝食を取ってから、自由行動。

僕は御飯の後、朝風呂キメて、昨日の残件をおかわり開発していたので、松本さんがいきなり、 「野湯いきたいすね!秘湯行きましょう!!!!」 なんて言い出したのを聞き流していた。

10時にチェックアウトして、特に他に案がなかったので、本当に秘湯に向かうことになった。

ここは鶴の湯という野湯で、所謂お墓の奥に存在する野湯。ものすごい数のお墓を通り過ぎた先に存在する野湯である。

また行ったまでは良かったものの、場所は墓地と言えど、移動が楽すぎて人が多く、全く治安がなかったので入浴することなくその場をあとにした。わざわざMAXバリューでタオル8枚も買ったのに・・・。やはり人間治安を手にするには苦労をするか、金を払うしかないのである。

その後、じゃあ由布院でも経由して帰りますかという話をしたところ、

「じゃあ、由布岳のあそこで一回おりましょう!」

という謎の提案を松本さんがして、しばらく由布岳の麓へ。

そして、気づいたときには、何故か我々は由布岳を登っていた。正確には登山口から麓まで歩いたという感じだけど。。

その後は由布院に移動し、Murataという蕎麦屋でご飯。

もう毎週開発合宿やるぞ!!! #走ればいいんですよ。

P山さん(@pyama8686)がシェアした投稿 –

ちょっと価格が割高で、オペレーションもトロいんだけど、味はとてもよかった。僕が食べたのは黒豚蕎麦の親子丼セットで、2500円弱。糖質食いまくったけど、このあと運動するから良いのだ。

また、この周囲が同じようなコンセプトで出来ている商業地帯みたいな感じでとてもおしゃれだった。満席で諦めたけどとても素敵なカフェもあったので、次回またトライしたい。

ご飯を食べてからは道の駅に寄ったり、SAを経由して無事帰福。二日間でそれなりに成果も出せたのでとてもいい開発合宿というか旅行だった。

普通に生きていると1日8時間、つまり1日の3分の1を仕事で出会う人々と過ごすわけで、そのメンバーと休みの日にこうして楽しく開発し、旅行することが出来るというのはとても良いことだなと思った。

僕自身もうまくいくこと、いかないこと色々あったりする中で、夢中にコードを書いて、夢中に遊び、諸々前に進めることが出来てとても良い週末だった。

次へ 投稿

前へ 投稿

© 2018 pyama.fun

テーマの著者 Anders Norén

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。